マッサージの力加減って?「セルライトが気になるなら、力強く絞る感覚でやらないと効果がないよ!!青アザは、できちゃうものだよ」と言われ

セルライトマッサージの力加減について

Lさんからのご質問

「マッサージの力加減について」

足子さん、こんにちは!!いつも、参考にさせていただいております。
私は歪みが気になって毎週整体に通っており、かれこれ1年経過しました。
以前より、太ももやお尻の張りが収まってきて浮腫みも少し減ってきました。
合わせて、食事の内容改善やウォーキング、ストレッチ、レッグマジックをこなしております。

そして、マッサージの力加減なのですが…私は、立ち仕事による浮腫みと長年のセルライト、ウォーキングによる脚の疲労感を解消するべく毎日コツコツお風呂でマッサージしております。

しかし、青アザが凄くて悩んでいるので、整体の先生に話を聞くと「青アザができる力加減だと、内出血から浮腫みが酷くなったりするから筋肉をほぐす程度の力加減にしたほうがいいよ」と言われました。

知人のエステティシャンに聞いたら「セルライトが気になるなら、力強く絞る感覚でやらないと効果がないよ!!青アザは、できちゃうものだよ」と言われ混乱しています。

マッサージの目的が、浮腫みなのかセルライトなのか疲労軽減なのかで力加減が変わるという事でしょうか??足子さんは、どのようなマッサージをされていますか??

日によって、力加減を変えたほうがよろしいのでしょうか。

長文ですみませんが、アドバイスをお願いしますm(_ _)m

足子の回答

Lさん、こんにちは!
質問ありがとうございます。整体でシェイプアップの効果がでてきたということで、とても素敵ですね。
実際体が変わってくると嬉しいですね。

マッサージの力加減ですが、私も気になったので調べてみたことがあります。

参考記事
セルライトマッサージでアザができました。続けていいのでしょうか?
強く揉み解した方が効果があるような気がするのですが…。(セルライトマッサージについて)

青あざができやすいのは老廃物が血管を圧迫しているため、内出血しやすくなってしまっているという理由があります。
ちょっとマッサージするだけで脚に痛みを感じるのも同じ原因です。
老廃物が流れてくれば青あざも出来にくくなりますし、痛みもなくなってきます。

いろいろなマッサージの専門家さんの意見を見てみると「青あざが出来てしまったらしばらくマッサージを休んだほうが良い」という意見が多いように感じます。

「下半身がミルミルやせる ゾーンセラピー」によると著者 鈴木きよみさんはセルライトマッサージの注意点として「肌にうちみのような黄色や青の押しあとが、半日から3~4日たって出る場合がある。そのときは、その部位の刺激は避ける」とおっしゃっています。

Lさんは立ち仕事で浮腫みがあるということなので青あざができやすい状態になっているのではないでしょうか。
おさえた力でのマッサージで老廃物を流して浮腫みをある程度解消してからセルライト解消を目的とした強めのマッサージに移すようにしてはいかがでしょう。

個人的な感想ですが、Lさんは現在、整体に通うことで体にも良い変化が表れているので整体の先生のおっしゃることを参考にしてみたほうが良いのかと思います。

マッサージの力加減

マッサージ時の力加減は浮腫み解消やセルライト解消、筋肉疲労の除去といった目的でも違います。
一般的に浮腫み解消目的ではリンパの流れを促すことが必要なのでさするような力加減、
セルライト解消の目的ではセルライトの塊を崩すために強い力を加えるところが多いです。

また、マッサージの流派といいいますか、解釈の仕方によって変わります。
A先生のマッサージの方法は強めの力を入れるマッサージ方法、
B先生は弱めの力のマッサージ方法…といった感じです。

一方では強めのマッサージを推していて、もう一方では弱めのマッサージを推しているといったことがあります。

では自分はどれを選べばいいの??

いろいろな力加減のマッサージがあるのですが「だったら自分はどれをするべきか」というのは実際マッサージをしてもらって、自分が気持ちよく効果が出るものを選べばよいと思います。
痛さが苦手だったら強いマッサージは続けられないですし、弱い力のマッサージで効果がないのなら強めのマッサージをしてみる、など。
マッサージは続けないと効果が実感できませんので、自分にあったマッサージを続けましょう。

足子はどんなマッサージ?

私はマッサージは強め派です。
これはもう…好みです。
強めのマッサージのほうが気持ちよく感じますし、効果も実感します。

強いマッサージで「効果が出た!」と感じることはあるのですが、弱めのマッサージではいまいち効果が実感出来てないのが理由です。

強いマッサージといっても自宅でやるセルフマッサージは気持ちの良い程度の圧をかけたマッサージです。
あざが出来るほど強い力をかけるのはマッサージ専門の方にやってもらうときだけです。
(マッサージ専門点で施術してもらうと、下準備が入念だからか多少痛いような強さでもいままであざができたことはないです)
専門家が強い力をかけるのは意味がありますが、素人はかけてはいけない部分に強い力をかけて筋を痛めてしまうこともあります。

私がやるセルライトマッサージもお風呂上りにオイルを塗って圧をかけてグっグっと押し流す程度です。
それでも十分効果はあります。

まとめ

  • マッサージの力加減は目的によって違うし、流派によっても違う
  • あざが出来たらその部分のマッサージはひとまずやめたほうがいい
  • 強い力のマッサージをする場合は専門家におまかせ
  • 効果が実感できて、続けられるマッサージ方法を選ぶ

以上が足子の回答です。

Lさんのヒントになればうれしいです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事