足子の20代~美容にお金をかける&エステ事件が起こる

20代になるとアルバイトでの収入も入ってきて大学も卒業しヒマも出てきました。
お金がある程度あったのでいろいろな脚やせ商品をためしてみます。

それでも脚やせの知識はほとんど皆無のために手当たりしだいに試してみて肌がかぶれては失敗し、、という感じ。
せっかく効果があっても実感ができないために続かなかったり。

漠然と「脚やせしたいな~。脚太いな~」と思っていてもその悩みを解決するのはダイエットや魔法のような脚やせジェル(そんなものはないんですが)に頼るしかなかったんです。

なにせ知識がないんですから(笑)

そんな20代をすごしていた足子ですが、大事件(?)が起こります。

それがこのサイトにも載せてあるエステで大失敗事件です。

ライブハウスで知り合ったちょっとした友達に誘われてエステの体験に行ったところ総額60万というローンを組んでエステに通うハメになり、さらにお金が続かずエステに通わなくなったところせっかく細くなった脚が瞬時に元のサイズに戻ってしまったという事件です。

この事件をきっかけに私は脚やせには知識が必要であって、がむしゃらにやっても効果が出ないだけでなく、エステや美容業界のいいカモになってしまうと痛感したんです。

しかし、なんだかんだ「失敗した」といってもエステに通っていたときにはふくらはぎは細くなっていました。
サイズにして37.5cmが36cmまで減ったくらいです。

通わなくなって戻ってしまったのはその細さの原因がむくみの解消だったからです。

さらに、別に体重が増えたり減ったりしてふくらはぎが細くなったわけではないので「私のふくらはぎの太さに脂肪はあまり関係ないのでは」と思い始めました。

エステ事件で大金は使ってしまったものの、私は「脚やせには知識が必要」ということと「ふくらはぎ痩せは脂肪太りや浮腫み解消だけでは解消できない何かがある」という大きなヒントを得られました。

>>20代後半から お稽古事&整体ダイエットで筋肉の重要さに気づく

スポンサーリンク