美脚を作る!山田優さん母の3つの心得

沖縄
女優の山田優さんはスラっとした美脚がとてもステキですよね。
そんな山田さんのお母さんはモデル経験のある素晴らしいプロポーションの山田美加子さん。
現在50代ですがウォーキング教室の講師として活躍されている美脚の持ち主です。
美加子さんは3姉妹で小さいころからマッサージもかかさずやっていたくらい美脚に対する意識が高かったそうです。
そんなお母さんだから山田優さんのような美脚の娘さんを作り出すことができたのかもしれません。
美加子さんが雑誌で紹介していたご自身で行っているという美脚を作るための心得は3つ

1、「ながら」で欠かさずかかとの上げ下げをする

山田美加子さんはキッチンで料理をするときなどかかとの上げ下げ運動をしてふくらはぎを鍛えているのだとか。
ここでポイントなのは「上げ下げ」。
ず~っと爪先立ちではふくらぎの筋肉が疲労して硬くなってしまいます。
上げ下げで動かすことでふくらはぎのポンプ運動も行われるためむくみも防げるのではないでしょうか。

2、歩く時は8センチ以上のハイヒール

「脚には緊張感が大切なので歩く時は8cm以上のハイヒールを履きます。ペタンコ靴だとどんどん重心が下がって下半身がたれる原因に。5cmくらいでもいいのでハイヒールを履く週間を」
ハイヒールは間違った歩き方をすると筋肉が張ってしまいますが、さすがウォーキングの先生ですね。
私たちが試す時はハイヒールを履いた後の脚のケアを入念に。
毎日履くのは骨盤に負担がかかりますので時々低いヒールで脚を休ませましょう。

3、「沖縄の塩」で血流アップマッサージ

山田優さんの家には4代続く美脚マッサージがあるそう
そのマッサージを入浴時に行うときに沖縄のパウダーソルトを使うと発汗作用があるのでムクミもすっきりするそうです。
パウダーの細かい粒子で角質取り効果もあるんですって。


山田さんは過去に産後で下半身太りになってしまったこともあるとか。
でも地道なマッサージやウォーキングで元に戻したんですって。
高い美意識と継続する努力が美加子さんの美脚の秘訣なんですね。

子どもを美人に育てる35のレッスン

ashiko