骨盤矯正グッズを使うときのポイント

最近お尻を小さくさせる方法として人気なのが骨盤矯正。
開いてしまっている骨盤を締める商品もいろいろ売り出されていますが、骨盤矯正グッズをつかうのに効果的に使うポイントがあります。
「骨盤を締める」「骨盤がゆるむ」といいますが、そもそも女性の骨盤は一定のリズムでゆるんだり締まったりしています。
たとえば1日の間でも朝のほうが骨盤は締まっていて夜寝る直前は開いています。
だんだんと翌朝に向かって締まっていくというリズムです。
そのほかにも生理の周期で骨盤は変わります。
骨盤は生理中にもっとも開いて生理が終わると排卵にかけて締まっていきます。
骨盤はゆるむと気分はローになり、締まるとハイになると言われています。
生理中に気分が下がりますが、生理が終わるとスッキリとハイな気分になりますよね?
このように骨盤の開閉リズムは体調にも心にも密接に関係があります。
骨盤の周辺の筋肉が緊張して骨盤に歪みが生じると体が太りやすくなったり、老廃物を溜め込んでしまい体の不調も起こすだけでなく気持ちが不安定になってイライラすることが多くなるんです。
骨盤の歪みが取れて開閉リズムが正常になると太りやすい、疲れやすいなどの不調が改善されきもちも安定します。

骨盤矯正グッズで締めればいいってもんじゃない?

骨盤は一定のリズムで開いたり閉じたりしていますので、骨盤が開かなくてはいけないときに無理にギュギュっと押さえつけてしめたりしなくても良いわけです。
本来締まるべきときに骨盤が開いているという骨盤の開閉周期の乱れは骨盤の歪みが原因。
骨盤がゆがんでいるために締まるべきときに締まらないという周期の乱れが起こってしまうんです。
つまり骨盤を締めるグッズはまず骨盤の歪みを解消しないと効果的に骨盤矯正をすることはできないということ。
きちんと骨盤矯正するためにも骨盤矯正グッズを使うときは歪み解消ストレッチもあわせて行いましょうね。

タイトルとURLをコピーしました