脚が細いのに「私って脚太いんだよね~」とアピールする女子の心理


 
時々女性で実際は脚が細いのに「私って脚太くて~」と言う人がいます。
日々脚やせに悩む脚太さんにはこのタイプの女性ってちょっとイラっときませんか?
私はイラっとしていました。
 
だって、こっちが脚がすごく太くて悩んでいるのにすでに脚が細くて美脚の人がそんなことを言うなんて、、
私へのあてつけ?嫌味??」と思ってしまいます。
 
でも、当サイト脚やせクラブをやっていて、脚やせ質問などにお答えしていると徐々に
本当は脚が細いのに「私って脚が太いアピール」をする女性がなんとなく分かってきました。

1.美脚に対する知識がない

雑誌やテレビの情報を誤解して受け取っていて、ただただ脚が細ければ美脚だと思い込んでいるタイプです。
モデルさんや芸能人さんの実際の脚のサイズを知らないのに、想像だけで「美脚なんだから脚が細いんだ」と思い込んでいます。
「ふくらはぎは20cm代じゃないと」「太ももを35㎝にしたい」なんて無茶な目標を立てたりするのがこのタイプ。
ひたすら脚を細くしたがるために、いくら自分がもう標準の脚のサイズだったとしても満足しません。

2.自分の脚の見た目を確認している

本当は自分でも美脚だと思っていて「そんなことないよ~。○○ちゃん脚細いじゃん」と否定されるのを待っているタイプです。
めんどくさいですね。
こういうタイプはルックスがよくてちやほやされているお姫様系が多いので敵に回さないためにも「そんなことないよ~」と答えてあげましょう。

3.美意識が高すぎて本当に太いと思っている

美しいプロポーションに対して貪欲で自分にとっての美脚のレベルが高いタイプです。
モデルや芸能人を目指している完ぺき主義に多く、食生活や運動や生活習慣にも常に気を配っています。
ちょっとやそっと細いくらいでは美脚だと思えないので「自分的には今の自分は脚が太い」と思っています。
自分にとって今は脚が太い状態というわけです。
美意識がとても高い人のことなので「大変だなあ」と思っていればよいでしょう。

4.コンプレックスから「脚が太い」と思っている

たとえば周りの友達が美脚ばっかりだったり、家族のプロポーションがよくて完璧なスタイルが多いためにそれと比べて「私って脚が太いんだ」と思い込んでいるタイプ。
本当は巷の水準と同じくらいの脚の太さなのに、周りの自分のあこがれる人と比べて自分を卑下してしまっています。
コンプレックスから正常な判断ができないために、いくら「そんなことないよ、あなたは脚が細いよ、美脚だよ」と言っても信じません。
このようなタイプの人は何を言っても無駄ですし、コンプレックスには自分で立ち向かうしかないので見守ってあげましょう。

5.冗談を本気にしている

彼氏や男友達が「お前って脚太いよね」と冗談半分に言ったことを本気にして悩んでいるタイプです。
男性は女性とのコミュニケーションを悪口でとろうとする傾向があります。
好きな子に対していじめて反応を見て喜ぶ、というやつです。
めんどくさいですね。
「脚太い」と言われて「やだ~!そんなことないもん!」なんてポカポカやられるのを待っているだけです。
額面通りに受け取って「私って脚太いの??」と悩むことはありません。
「冗談を真に受けちゃうタイプ」なのである意味かわいい人です。

6.周りが自分より脚が太い友達なので仲間に入れて欲しい

周りの友達がダイエット情報や脚やせ情報をいろいろ話しているのがうらやましくて仲間に入りたいから自分は脚太いアピールをしているタイプ。
寂しくて共通の話題が欲しいだけです。
「○○ちゃんは脚細いから関係ないでしょ」なんていわずに話に入れてあげましょう。


いかがですか?
「私って脚が太いアピール」をする女性にもいろいろなタイプがいます。
自分が脚やせをがんばっているとこういった女性が目に付いてしまいますよね。
でも上記のことをふまえればあんまり気にならなくなりませんか?
「なんか脚細いのに太い太いアピールしてきてイラっとくるんだけど~」なんて思わずにゆとりをもって対応しましょう。

ashiko