ノーファンデで美肌になる「絶対!ノーファンデ主義」のレビュー


ノーファンデ主義いい感じ
ノーファンデ主義」という本を買いました!
書店で気になってパラパラとページをめくったところ、つい気になってしまって…。
題名だと「すっぴんになれってこと?」と感じてしまうかもしれませんが「新しいメイク法」だという解釈のほうが伝わりやすいと思います。
 
コンシーラーでシミも隠すし、Tゾーンのテカリもお粉をはたくしチークものせるし、アイシャドウもする。
だけどファンデーションで顔を覆ってしまうことはしない、って感じです。
ノーファンデ主義で著者も「ファンデーションはストッキングと同じ」と表現していたのですが、要はストッキング履くのも公式の場では必要だけど、カジュアルな場では素脚でいれるくらいのフランクさを持とうよ、ってことだと思うんですよね。
私は今まで、友達に合うのも、近所に出かけるにもファンデーションはしていましたが、
お世辞にも塗り方はうまくなくて素肌には見えない感じだし、
しかも金属アレルギーだからかポツポツができてかゆくなっちゃうし、と思っていました。
でもこの本を読んで「ファンデーションってフォーマルの席だけでよくない?」と考えを改めました。
本のように口元や目元のくすみ、小鼻のくすみは隠して、Tゾーンはルーセントパウダー、あとは普通にお化粧、というスタイルにしてみたところ、これがすごい快適!
 
ファンデーションより健康そうだし、お肌にも発疹が出ません。
「ノーファンデのいいところは保湿がいつでもできるとこ」と書いてありました。
確かにちょっと気になった部分にクリームを塗ったり、出かけるときに日焼け止めをつけたりすることがノーファンデだと気にせずできる
結果的にファンデを付けてるときより肌も乾燥しません。
何よりお肌が呼吸している感じがします。
美肌で有名な小雪さんもファンデはしてないということですし、
本当に肌のことを考えたら、そういうスタイルになるのかもしれませんね。
ファンデ生活で疲れている人はぜひ読んでみてください。

ノーファンデ主義関連書籍

絶対!ノーファンデ主義

タイトルとURLをコピーしました