膝内側のでっぱり「『膝から太ももにかけて』がくんと太くなってて、内側に出っ張っているんです。」

膝の内側が盛り上がっている

Rさんからのご質問

「膝の内側の出っ張り」

はじめまして、こんにちは。
私は身長160cm体重51kg、太もも52cm、ふくらはぎ31㎝、足首21㎝、ウエスト62㎝

という下半身デブな体型です。普段は足を隠してごまかしていて鎖骨も出ててなで肩ということもあってあまり下半身が太いとバレなくて済んでいるのですが、
もっとお洒落したいし街に出るとみんなモデルなんじゃないかというくらい細い人が多くて悔しいです。

もともと小さいときは肥満児だったのですがいつのまにかそれは解消されてました。でも脚(特に太もも)が太いのはずっとでもう毎日何年も考えることにうんざりしてます。

食べる量も人並みだし時々断食したり炭水化物を絶ったりもしてます。

足パカもスクワットもリンパマッサージもやりましたがただの1㎝も細くなってくれません!!

何より「膝から太ももにかけて」がくんと太くなってて、内側に出っ張っているんです。太ももが太い人はいても、膝が不自然に出っ張っている人は見たことがありません。

脚がゆがんでいるのかと思って姿勢には気を付けているつもりです。
しかし私は小さいころから「右肩が下がってる」と言われたり、ついにはレントゲンで側弯症と診断されてしまい、しかもこれといった治療もないそうです。

運動と言えば小学生のころ4年間ほど水泳を習っていました。

ウォーキングをしてみてもいまいちピンときません。むしろ膝回り~前ももをどうしても使ってしまうみたいで…

なので自分が何太りかも見失ってしまいました。
浮指でも外側重心でもないのに…

ながくなってしまいましたが、どうかよろしくお願いします!
太ももだけじゃなくて、膝の内側の出っ張りが一番気になります!
ちなみにО脚というよりはXO脚かなと思ってます。

足子の回答

こんにちは!メールありがとうございます。

Rさんはけして下半身太りではありません。
「私は身長160cm体重51kg、太もも52cm、ふくらはぎ31㎝、足首21㎝、ウエスト62㎝」

太ももは体重とほぼ同じ数字になると言われています。
それは太ももに脂肪が多いからです。

Rさんは体重が51kgで太ももが52cmということはその法則と合っており、
体重と太ももの太さがほぼ比例している状態です。

ふくらはぎは標準かそれより細いくらいですし、足首も標準サイズです。

Rさんが、「街で見たモデルなんじゃないかというくらい細い人」とご自分を比べてしまっているために「私の脚はすごく太い」と思ってしまっているのだと思いますが、Rさんの脚は標準的なサイズです。

身長が160cmなので見え方によっては美脚に見えるサイズです。

Rさんは脚(膝周り)にコンプレックスがあるために街に出ると脚の細い子ばかりに目がいってしまうのだと思います。
私も脚やせサイトを運営しているので街に出ると女の子の脚は良く見ますが、モデルさんくらい細い女性って正直な話そーんなにいないです。

だって、モデルさんってやっぱり特別スタイルが良いからモデルさんという職業ができて、憧れの対象になっているんです。

そんなにぞろぞろモデル体型の人がいたら商売あがったりですよね。

モデルさんくらいの体型になりたいのだったらモデルくらいの食生活にしなくてはいけない

Rさんは「食べる量も人並みだし時々断食したり炭水化物を絶ったりもしてます」とのことですが、Rさんは標準的な体型です
「食べる量が人並み」ということは特別な運動をしていな限りはそれに伴って標準的な体型になるということです。

モデルさんの食生活をたまにテレビで放送しているので私も見るのですが、驚くくらいに食べていないですし、驚くくらいに食事に気を使っています。

「朝ごはんはいちご3個だけ。お昼はオーガニックレストランでスムージーとグルテンフリーのサンドイッチ。夜はお肉をすこし。撮影前には3日食べないこともある。」といったような一般人ではマネできないような食生活でさらにジムでのトレーニングやエステ…などを駆使してモデルをやっているわけです。

モデル体型じゃないことは何も恥じることではありませんし、私はモデル体型になることが美の正解だとは思っていません。

モデルは職業です。
職業でモデルをするわけではないのなら一般的で標準的な良いスタイルを目指せば良いのではないでしょうか。

それでもモデル体型になりたいのなら彼女達の食生活や運動習慣を参考にしてみてください。
私は彼女達のブログやテレビで普段の生活を見る度に「こりゃマネできないわー」と感心しています。

膝の内側の出っ張り

脚の歪みには先天的(生まれつき)なものと後天的(後々の生活習慣による)なものがあります。

先天的な歪みは「生まれつき骨格から歪んでいる」状態、
後天的な歪みは「日常生活のクセで筋肉に偏りができている」状態です。

後天的な歪みだったら整体やストレッチ、癖の改善で治すことができますが、先天的な歪みはこれらのことで治すことができません。

Rさんは側湾症と診断されたということですが、膝周りにも歪みがあるかどうか整形外科や整体等で診断してもらうのはいかがでしょうか?

もし、先天的に脚の骨格から歪みがあり、改善できない状態ならば膝のことはひとまず置いておいて他の部分を改善したほうが美脚への近道です。

XO脚による膝の出っ張り

後天的な原因として考えられるのはXO脚による筋肉の偏りです。

XO脚でしたら、O脚矯正サロンで対処しているところもあります。

XO脚が原因で膝の内側が出っ張っている場合、これを矯正することで出っ張りは改善します。
XO脚はセルフ整体では改善が難しいと言われていますので専門の整体や矯正サロンに通うことをおすすめします。

内股で立っていないか

足の内側の膝の盛り上がり

日常生活で膝の内側が出っ張ってしまう原因が内股立ちにあります。
内股とは無意識のうちにつま先を内側に向けて立ってしまう癖です。

内股はかわいらしいのですが、湾曲が目立ちますし、脚も歪みます。

つま先が内側に向くと膝も内側に向くので出っ張りが目立ちます。
立っているときにつま先を正面に向けるように気をつけると出っ張りが目立たたなくなります。
もし内股で立ってしまう癖があるのでしたら気をつけてみてください。

ウォーキングを改善するのならプロによる指導を継続して受ける

「ウォーキングをしてみてもいまいちピンときません。」というのはウォーキング教室に通っていたということでしょうか。
「指導をしてもらって数ヶ月通ってみたものの全く改善しなかった」というのならウォーキングは無意味だったのだと思いますが、自己流であったり、継続しなかったのならウォーキングの改善効果が出ません。
歩き方が変わるだけでも脚の形は変わります。
(既に長いあいだ教室に通っているけど成果がでないというのならすみません…)

まとめ

  • Rさんの体型は標準的な体型。街で細い脚が目に付くだけで本当にモデル並みに脚が細い人が多いわけではないので安心して。
  • モデル体型になりたいのならストイックな食生活をし、厳しい美意識を持つ必要がある
  • 脚の歪みには先天的なものと後天的なものがある。
  • 後天的なXO脚により膝の内側が出ているのなら矯正することで改善する。
  • ウォーキングはプロによる指導を継続してうけることで効果が出る。自己流のウォーキングでは(美脚に関しては)意味がない。
  • 以上が足子の回答です。

    Rさんの参考になればうれしいです。
    美脚めざして一緒にがんばりましょう!




    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事