筋肉太り解消クラブ

筋肉を落とす方法とは?

老廃物ってなに?

はじめに注意しますが「筋肉太りの解消」とは「筋肉を落とすこと」ではありません。
なぜなら、筋肉太りとは単純に筋肉が発達している場合でないことが多いからです。

筋肉太りとは筋肉疲労や体のゆがみ、老廃物や生活習慣が原因だと言われています。

つまり筋肉を落とす方法を知ってそれを試したところで筋肉太りは解消しないことが多いということ。

それでも自分の脚が太いのは筋肉が原因だから、どうしても筋肉を落としたいという方もいます。

ですから、こちらで実際筋肉を落とす方法をご紹介します。

1.使わない(動かない)

筋肉は使わなければ落ちます。

その落ちるスピードは脂肪が落ちる速度より速く、カロリー制限をしたダイエットの場合急激に筋肉が落ちていきます。
ダイエットではじめにがくんと落ちる体重は水分と筋肉がほとんどであるといってもいいほどです。

宇宙飛行士さんはあまりにどんどん筋肉が落ちるために何もしないと地球に帰った時に立ったり歩いたり出来なくなってしまうそうです。
だから宇宙船内で運動や筋肉トレーニングをしてきちんと地球に戻っても立てるように細心の注意をはらっているんです。

2.食べない(筋肉への栄養を与えない)

これは本当にマネしてはいけない危険な方法ですが、某イケメン俳優さんはスポーツマンだったために筋肉がゴツゴツとついていたそうです。

しかし、それでは見た目に良くないということで、パンを一切れだけ食べて延々と走り込んだんだそうです。

通常運動をすれば、筋肉は微細に破壊されます。それを修復して過程で太く強い筋肉が出来上がるのですが、その俳優さんはその修復をさせないために一切れのパン以外は全く食べずに運動しまくったんです。
つまり筋肉を修復させないために栄養を与えないという方法。

その結果今の彼は見た目に中性的な細い体のラインになっています。

しかし!当事者も「絶対マネしないでください!」と言っているくらいきちんと体が出来上がっていない人には危険な方法。彼は筋肉や栄養に関する知識があったためにギリギリのラインで調節することができたのでしょう。

もともとスポーツをやっていなくて、体も丈夫ではない、指導者もいない状態の方は最悪生命の危険もあるのでけしてマネしないようにしてください。

3.ボトックス注射

ボトックスとはA型ボツリヌス菌毒素のことで、美容整形の業界で近年使われるようになった方法です。
有名な施術ではボトックス注射を打つことで筋肉を麻痺させて顔のしわを取る、というものがあります。

この仕組みを利用してふくらはぎのガチガチとした筋肉を衰えさせる美容整形としても利用されています。

ボトックス注射の効果は一時的なもので時間によって効果は薄れます。(数ヶ月~半年)
しかも、顔のしわと違い、ふくらはぎのいわゆるししゃも脚にはあまり効果がないという口コミが多いです。
一回の施術で15万程度(しかも時間ととも効果は薄れる)ということなのであまりおすすめの出来ない方法です。

4.歳をとる

筋肉は年齢とともにとてもはやいスピードで落ちていきます。
20代中盤をすぎると自分で分かるくらいに日々筋力が落ちていきます。
このため、そのままにしておくと代謝が悪くなりダイエットをしても効果がでにくくなったり、
体の血流が悪くなったり、腰の痛みが出てきたり、といろいろな不調が出てきます。


以上が筋肉を落とす方法です。

「こんな事分かってるけど、実際筋肉が落ちてないから困ってるんだけど」とお思いかもしれません。

自分で何もしてないのに、使ってないつもりなのに筋肉が落ちていない、
歳をとっているのに学生時代の筋肉が落ちていない、、

それって本当に筋肉でしょうか?もしかして、衰えた筋肉が浮腫んでパンパンに張っているだけなのかも??