筋肉太り解消クラブ

運動をしているのなら筋肉が付かないようにするのは無理がある

現役で運動をやっている人で筋肉太りになるのを悩んでいる人は
「どんどん筋肉で太くなっちゃう」ということで悩んでいるのではないでしょうか?
ですが、純粋に筋肉自体が発達していくのであればある一定のサイズになればそれは止まります

プロテインを飲んだり、筋肉を発達させるためだけのメニューをしていないのであれば
とくに女性でなければそこまで太くなることはありません

たとえばスケートの選手の脚をみてください

フィギュアスケートの選手の脚ってとても綺麗だと思いませんか?
伸びやかで綺麗な筋肉がついていますよね。

でも「筋肉質だな~」という印象の筋肉ではありません。

なぜでしょう??

それは柔らかで張りのある筋肉が偏りなくついているからです。
たとえば前モモだけ張っていたり、
ふくらはぎだけ発達していたり、、という偏った付き方ではなく

全体的に綺麗に筋肉がついている。

フィギュアスケートの人がよくテレビでインタビューなんかをうけるとき、
決まってストレッチをしていませんか?

会場に入ったらず~~~っとストレッチしてるんじゃないかってくらいに開脚をしたり前屈したりの柔軟をしています。

運動をして綺麗に筋肉をつけたいのならそれくらい入念にストレッチをして稼動領域を広げないといけないんです。

ストレッチをすることで動きもなめらかになりますし、筋肉疲労もとれやすくなります。
結果的に綺麗な筋肉がついていくんです。

運動をすれば筋肉はあるていどつくのは仕方がない

例えばサッカー部で毎日練習をしていたり、バレエの練習を何時間もしているのに筋肉が全然ついていない華奢な少女のような脚にしたいというのはやはり無理があります。
筋肉に負荷がかかっている部分は鍛えられます。
バリバリに使っているのにまったく筋肉をつけたくないというのは現実的ではありません。
運動をすれば筋肉はつきます。
でもその筋肉を偏ったつき方にしないように努力することはできます。

「筋肉がつかないように運動しなきゃ!」ではなく

「綺麗な筋肉がつくように運動する」を心がけましょう