がっつり内転筋を鍛えてO脚解消!「ワイドスクワット」の方法

下半身を筋肉を鍛える筋トレ方法で有名な「スクワット」ですが、
基本的なスクワットの姿勢より足を広げた「ワイドスクワット」は内ももの内転筋の筋肉を鍛えることからО脚改善にピッタリ。
О脚になっている人は内ももの筋肉が弱くなっています。
ワイドスクワットで内ももの筋肉を鍛えると脚を内側に寄せる筋肉が鍛えらます。
そのため、外側に流れている力が内側に向き、側面についてしまっている筋肉がすっきりします。

また、お尻の大きな筋肉「大殿筋」を鍛えるのでヒップアップ効果もあります。

ワイドスクワットは自分の重みで負荷をかけるので効果的に筋肉を鍛えることができるトレーニングです。

このエクササイズをしていたら自然とО脚が治っていたなんていう素敵な口コミ報告もあるほど。
ちょっと期待できますよね。

エクササイズと併せて内もものストレッチや開脚ストレッチを行い、硬くなった内ももをほぐすとより効果があります。

ワイドスクワットの方法

ワイドスクワットのやり方

1.

足を肩幅の2倍ほどに開く。つま先は膝と同じ方向を向く
ように少し外側に向ける。手は頭の後ろで組む。

2.太ももが床と平行になるよう
ゆっくりと下がる。1秒キープ。
ゆっくりと1,のポジションに戻る。
戻る時は膝を伸ばしきらない。

10回×3セット

腰を下げるときに背中を曲げてしまわないように注意。
お尻を突き出すようなイメージで下がりましょう。

スポンサーリンク