第二話 お友達感覚の接客

第二話 お友達感覚の接客

無料のカウンセリングが受けられる~、とかなんとか言うので後日またそのメイク学校に行く事になりました(≧‥≦)

どうもその学校はメインはエステ、そしてエステティシャン養成学校、アロマ、カラーセラピー教室、など、、いろんなことをしているところのようです。

カウンセリングをするところはエステ受付前のロビー。

4人がけくらいのテーブルが何個かあり、そこから周り全部が見渡せるかんじ。

そのエステではオリジナルの化粧品とかを扱っていたり、雑貨ショップっぽいこともしていたので、そんな素敵な雰囲気に足子はすっかり飲まれていました。

ダイエットのカウンセリング、というのでいろいろ食生活などのことを話していると「足子さんにぴったりのボディースーツがある」とのこと。

なんでも着ると体が矯正されて理想のプロポーションになるとかいう。

個室に通されてサイジングをするとスーツを着用。

はっきりいって、、、すごい、、きつい、、、。

そしてスーツを着たまま服を着てまた試用の感想をロビーのテーブルで聞かれるんです( TAT )

なんだかまたうさんくさいのが、通りかかった同じエステティシャンに「ね~、足子さんすごいすっきりしてない?」とかなんとか、そしてエステティシャンも「え~、すごいスタイルいいね~」とか言ってくるんです。

でももう、足子はきついのと苦しいので限界だったので

「うえっぷ、もう苦しいから脱いでいいですか?」ときつきつボディースーツを脱いだのでした。

ちょっと不服そうなエステティシャン。

でもここぞとばかりに、今度はエステのコースの事を話し出したのです。

給料まで細かく聞かれます

ボディースーツを着るときに「足子さんって上半身のわりに下半身がっしりしてますよね~」みたいに世間話をしてきたので「ね~、困ってるんです、」とか気軽にいったのが悪かった。

ロビーでは「でも脚が細くなったらいいですよね~。」みたいな魅力的な話をされます。

「う~ん、でも~。」渋っているとすかさず

「足子さんってエステってどれくらいお金がかかると思います?」とエステティシャン。

「えっとすごいかかるんですよね」というと「足子さんって月々のお給料どれくらいもらってるの」とづけづけと聞いてきて、

「そのうち食費は?」「交際費は?」と内訳の値段まで聞いてくるのです。

すらすらとそれをノートに記入して

「う~ん、だいたい2万円くらい使途不明金があるよね。これを自分のために使わない?」と。

「は?」と思っていると

「うちはコースで18万円のコースがあるからこれを分割払いで月々1万5千円で払えるの。そのうちポイントがすごいつくから、エステで使う自宅用のマッサージクリームもここから払えちゃうんだよ」

という提案。

なんだか、もう、、今思うとはっきりいって詐欺まがいなんですが、そのときは周りの人のフレンドリーさに洗脳されて

「じゃあ、やってみます。。」と言っちゃったんですね。

ちなみに足子をエステに誘ったAちゃんもお友達勧誘に参加して「え~、足子さんも来るの~?うれしい~!」みたいな感じにどんどん仲間意識を強めさせられていったのです。

第三話に続く。。

スポンサーリンク







フォローする



スポンサーリンク