ダイエットすると美脚になれない?似ているようで違う「ダイエット」と「美脚」

巷にはいろんな情報があふれかえっています。

ダイエットや美容の情報を女の子同士で話すのは楽しいですよね。

テレビで「ダイエットにこれがいい!」なんて情報が出ていたら、お店にはズラっとその商品が並んでいます。

友達と会ったときも「このダイエットやってる?」なんて話題になるから、ついついいろんなダイエットに興味が出てしまいます。

そう、ダイエットをすることは女性にとっては楽しみでもあるんです。

でも、
もしそのダイエットが美脚の妨げになってしまっているとしたらどうでしょうか?

ダイエットをすれば美脚になるわけではない

下半身太り、特に上半身がガリガリの痩せ型なのに下半身だけ太くなってしまってるのは
食べ過ぎで太ってしまっている状態ではありません。

体の歪みや日常生活の癖、食生活の偏りが下半身太りの原因です。

置き換えダイエットや有酸素運動などでカロリー制限やカロリー消費をしても
全体的にやせるだけで美脚にはなりません。

それどころか「カロリーが高いから」と食事を制限して、必要な栄養素をとらないと代謝が落ちて
余計に脂肪がとれなくなりますし、浮腫みやすくなります。

「じゃあ、カロリー制限をしないダイエットならしていいの?」という印象を受けるかもしれません。

たとえば、流行している「運動系DVD」はどうでしょう?
ダイエットには効果があるかもしれませんし、筋肉もつくかもしれません。

それをやって美脚になりますか?

脚のゆがみ、ムクミがとれて、セルライトが解消される内容ですか?

違うと思います。

有酸素運動でカロリーを消費し、代謝を上げるプログラムであるのなら、
それは美脚に直結はしません。

それどころかゆがんでしまっている下半身だったら余計な負担がかかり、筋肉が偏ってしまいます。

運動で疲れてしまって、ストレッチやマッサージで筋肉疲労を取ることもできない。

あなたが下半身が筋肉太りだった場合はもっと悪化してしまいます。

もし、巷のダイエット方法が楽しそうでやってみたいのなら自分の中で問いかけてみてください。

本当に美脚になりたいの?
それともこのダイエットがやりたいの?
本当にやせる必要があるの?

ダイエット方法が魅力的でやってみたいのか、実際やせなきゃいけないほど太っているか、美脚になりたいのか。

もし「美脚になりたい」という答えが出たのならそのダイエット方法で美脚になれるかどうか
考えてみてください。

ただ単にそのダイエット方法が面白そうだからやりたい、というのなら、それで下半身やせが叶わなくても、仕方ないのではないでしょうか。