浮腫み?脂肪燃焼?お悩み別マッサージの種類

太くなってしまった脚にはマッサージが効果的といわれています。

しかし、一口に脚やせマッサージといってもお悩みによって対処方法が変わります。
自分が脚が太い原因にあわせて行わないと効果がありません。

では、どんなマッサージをすれば悩みが解消できるのでしょうか?

浮腫み解消・リンパマッサージ

老廃物を排出するリンパ管の滞りを解消し、リンパ液の流れを促すことで浮腫みを解消するマッサージ。
リンパの大きな流れを意識しながら行うことがポイントで力は弱め。
老廃物を排出しむくみが解消されれば短時間でもサイズダウンができるが、ふたたびむくんでしまうとまたサイズは元に戻ってしまう。

セルライト解消・脂肪燃焼マッサージ

セルライト状態になってしまった脂肪をやわらかくして燃焼しやすくするマッサージ。
老廃物や水分をふくんで大きくなってしまった脂肪細胞はそのままでは燃焼しにくく見た目も悪くなっています。
セルライトマッサージではこの頑固なセルライトをほぐして、血流をよくすることで脂肪を燃焼しやすくします。

施術には少々強めの力がいるために、場合によっては内出血をおこしあざになってしまうことも。
十分に施術部分を温め、重度のセルライトの人は徐々に力を調節していくことがポイントです。

筋肉疲労解消

スポーツや日常生活で疲労がたまり、硬くなってしまっている状態の筋肉をほぐして血流をよくすることで良好な状態の筋肉に戻すマッサージです。
過度な緊張をしていたり、知らず知らずのうちに偏ったからだの使い方をしていると筋肉が硬くなってしまってその部分の血流が悪くなりコリが生じます。
この血流が悪くなった筋肉だと浮腫みやすく、脂肪もつきやすい上に見た目にもごつごつと筋肉質に見えます。

さらに、力の伝道がうまくいかないために運動能力もおちますし、体が硬くなっていることで歪んでしまったり、疲れやすくなることも。
マッサージで血流を良くして疲労物質を流してあげることでこれらは改善しますが、筋肉の位置や流れを把握するなどきちんとした知識も必要です。

筋肉整形マッサージ

偏ったからだの使い方で外側に張ってしまったり、変に癖づいてしまった筋肉を元に戻すのを助けるマッサージ。
脚の使い方の癖で外側ががちがちに固まってしまった脚などは硬くなった筋肉をほぐしてハリをとることで見た目がなめらかになります。

ぐにぐにと揉むというよりは筋肉の方向を意識して体を作ってあげるイメージでマッサージしたり、
張り出している筋肉をポンポン叩いて血流を促してあげたりするのがこれにあたります。
筋肉のハリをとったり間違った方向についている筋肉を正常な方向に癖付けることで見た目を改善します。

脚やせマッサージは大きく分けて上記の4つの種類があります。
自分の脚には何が必要なのかを見極めてマッサージを行えば脚やせもスムーズにできます☆(゚∇゚☆)(☆゚∇゚)☆

スポンサーリンク