お風呂ゾーンセラピーで楽しく脚やせ

脚やせに効果がある、というので最近流行の「ゾーンセラピー」ですが、
案外疲れるので続けるのがちょっと難しい。

理由は、いくらオイルですべりを良くしてもまだ摩擦があるのでめんぼうを滑らすときに体力を使うので、
めんぼうで何往復もマッサージしてると疲れてきちゃうんですよね。

そこで、その疲れるゾーンセラピーをちょっと楽にしちゃう方法があります。
それが「お風呂ゾーンセラピー」。

このお風呂でゾーンセラピーをやるというのは実際鈴木きよみさん(めんぼうを使ったゾーンセラピーの考案者)が女性ファッション誌で提案していたものです。

お風呂ゾーンセラピーは湯船から上がり、洗い場で体にボディーソープなどを付け、すべりをよくして、ゾーンセラピーをするという方法です。

通常のゾーンセラピーよりはすべりがいいのであまり疲れません。

足子はボディーソープではなく、シャイニングベリーローションというお風呂用のローションをつかっています。

シャイニングベリーローション

ボディーソープですとやはり洗浄力がありますので、敏感な人は乾燥してしまいます。
お肌を潤してくれるタイプのローションのほうがマッサージしたあとも状態がいいのでいいかもしれません。
このお風呂でゾーンセラピーですが湯船ではやらないこと。

湯船でやると湯あたりしちゃいますので気をつけてくださいね。

私はお風呂でのゾーンセラピーと高温半身浴を組み合わせてやっています。
直に床に座るとおしりが冷たいので座り心地のいいお風呂椅子があると尚良いです。

関連商品

下半身がミルミルやせるゾーンセラピー

スポンサーリンク