ふくらはぎを揉むと呼吸困難になって命の危険がある?ふくらはぎマッサージ好きとして考える「揉むマッサージ危険説」

脚やせクラブトップ>脚やせ&美容メモ

テレビ欄を見ていたら、興味のあるコピーが目に飛び込んできました。

この差って何ですか?~ふくらはぎをも揉むのは危険!昔と今の健康常識の差に高橋英樹も仰天SP (11/27放送)」

「この差って何ですか?」というテレビは日常生活のちょっとした疑問や健康情報を新しい視点で気付かせてくれるTBSのバラエティ番組です。

この番組内で「疲れた時にふくらはぎを揉むことは間違い」と紹介されていたのです。

それどころか「ふくらはぎを揉むと呼吸困難になって命の危険もある」と言われていました。

 

その情報を紹介していたのは新潟大学名誉教授の岡田正彦先生。

「ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ心臓から足まで戻ってきた血液をふくらはぎがポンプのような働きをして再び心臓に戻すという役割があります。
なので昔はふくらはぎをもむとポンプ機能が促進されて血行が良くなると考えられていました。
しかし最近の研究では、ふくらはぎには心臓につながっている大きな血管が走っている(心臓につながる大静脈)が実はこの血管は血栓という血の塊ができやすい。
通常が血栓ができてもその多くはとても小さいものなので心配はありませんが、ふくらはぎを揉むことによって血栓が一気にはがれてしまうと非常に危険です。

ふくらはぎを揉むことによってはがれた血栓が肺などの欠陥につまることで呼吸困難などの命にかかわるさまざまな症状を引き起こす可能性があるというのです。

座って仕事をしていたり、運動不足だったり、肥満の人はとくに注意が必要とのこと。

どうしてもふくらはぎにだるさを感じる場合は揉むだけでなくさするだけで効果があるのでさするマッサージで対処をしてほしいということでした。

番組のVTRはここで終了。

命に関わるという割にはサラっと終わっています。

番組で紹介された「ふくらはぎを揉むのは危険」のまとめ

  • ふくらはぎを揉むマッサージを普段運動をしなかったり、肥満だったり、座る時間が多く小さな血栓が出来ているような人がすると
    血栓が一気にはがれて、それが肺に到達し呼吸困難を起こすことがある。
  • ふくらはぎがだるい場合は揉むのでなくさするマッサージで対処を

個人的な感想ですが、私はふくらはぎマッサージが好きで一時期熱心にマッサージをしていましたが、呼吸困難になったことはありませんし、
たとえばSNSなんかでも「ふくらはぎをマッサージしていたら呼吸が苦しくなった」なんて報告は見たことがありません。

番組でも「危険だ」と言うわりには「実際にこんな被害にあった人がいる」と紹介はされていませんでした。

通常ダイエット目的でお風呂上りにマッサージをしたり、運動後にマッサージする程度なら問題ないと思います。

「座って仕事をしている人」なんて浮腫みに悩んでいる人は多いでしょうし、その人たちがふくらはぎを揉んで大変なことになっていたら今頃もっと騒がれていますよね。

今回テレビ欄で「ふくらはぎを揉むマッサージは危険」と出すことで番組を見る人は増えて視聴率は上がったでしょうから(私もつい釣られて見てしまったし)
客寄せの為の極論だったのかな、という印象です。

とはいえ、やっぱり先生のおっしゃることは一つの心配材料ではあると思います。

肥満体型の人や普段全然運動をしていない人、飛行機内などで長時間座っていた場合はふくらはぎを揉むのではなくさするマッサージにする、
普段から水をよく飲んで血栓をできにくくする、などの対処したほうが安心だと思います。