そのウォーキングじゃ脚やせできません。

私は脚やせに「運動」をあまりおすすめしていません。
なぜなら正しい指導者の下で運動しないと筋肉に負担をかけたり、体にゆがみをおこしたり、疲労を蓄積させたり、、と脚の太いのをより複雑な原因にしてしまう可能性があるからです。

運動をまったくしない、というのはそれはそれで浮腫みの原因になります。
ふくらはぎから血液が脚に回らないので老廃物が滞ってしまうのです。



脚やせのためのウォーキングはただ歩くだけじゃダメ


そこでおすすめするのが「ウォーキング」です。

「なんだ~、それならいいって話題だからやってるよ」
という人がいるかもしれません。ダイエットでウォーキングはとても基本的な運動ですものね。

ここであなたはどんな「ウォーキング」を想像しましたか?
手をぐっとふってジャージを着て汗をかきかき早足でのウォーキングでしょうか?


どちらかというとそういったアクティブな運動としての「ウォーキング」が有名だと思いますが、
そちらの「運動としてのウォーキング」は脚やせには全く、ではないですが、ほとんど効果がありません。

有酸素運動ですからダイエットには効果があります。
たしかに多少は脚がひきしまります。


でも細く、美形の脚をつくろうと思った場合はこの「運動としてのウォーキング」はNGです!

なぜなら、「ウォーキング」で求めているのはカロリーの消費ではないからです。

運動不足で肥満体型になっている人が運動をして痩せようとするのは間違いではありませんが、脚が太くて悩んでいる人は「肥満で脚が太い」という人は少数です。

だいたいが「筋肉の付き方が悪い」「脚のゆがみがある」「浮腫んでいる」など肥満以外のことが原因で脚が太いんです。

歩き方が悪く、脚がゆがんでいる人がどんなに歩いても筋肉が不格好に発達していくだけです。細くなるどころか脚が太くなることもあります。

ウォーキングをする目的は何か見失わないようにする


あなたの目的は「脚を細くて美形にし、見た目を良くすること」ではないですか?


運動を妄信することによって脚やせの目的を見失ってしまう人がいます。
そうなってしまってはいつになっても美脚にはなりません。

そう、脚やせをしたいなら「代謝をよくすることによって老廃物を排出し、筋肉を正しい位置に矯正する美しいウォーキング」をしなければいけないのです。

やるべきなのは「運動としてのウォーキング」ではなく「美脚になるための正しいウォーキング」です。