時短メイクに、旅行に!眉毛が全消えしないお手軽ティント眉ペンが便利


毎日やるメイクの中でも面倒なのがアイブロウ。
時間がかかるうえに眉毛があるのと無いのでは大違いなので省略することもできません。

「スッピンです!」なんて芸能人がブログに写真を載せているけれど、ちゃっかり眉毛書いてカラコンは入れてある…なんて話はよくあります。

それだけ重要な部分だからです。

私も普段あまりメイクはしませんが、食材を買いにスーパーに行くのにもたとえ地元といえど眉毛だけは書いていきます。
逆に言えば眉毛さえ書いてあれば「人に会える感」がだいぶアップします。

とはいえ、毎日眉をばっちり書くのをちょっとでも時短できないか…とお悩みのあなたにお役立ちアイテムを紹介します。

それがビーマユ ティントペンです。
ビーマユ ティントペン ブラウン

簡単に言うとメイクを落とししてもうっすら残るアイブロウペンです。

海苔眉にならなくても眉ティントできる

最近「眉ティント」というのがちょっと流行っています。

眉にちょっとベタっとした塗料を塗って、剥がすことで眉を染めるというメイク方法です。
この眉ティントは同様に毎日のメイクを時短できるので評判が良いのですが、塗料を眉につけた状態で2時間ほど放置して置かなくていけないためにちょっと手間がかかります。
–手間がかかりますが、きちんと染まるのが眉ティントの特徴です。
フジコ眉ティント ショコラブラウン

塗料を眉につけている間は見た目がイモトさんみたいな海苔眉になってしまうのもすこしハードルが高い…。

ビーマユティントはこのようにごくごく普通の太めのフデペンのようなアイブロウペン。

サインペンのようなペン先をしています。

腕に描くとこんな感じ。薄く付きます。

この状態がメイクを落としても2~3日続きます。(だいたい2日くらい?)

ゴシゴシこすらなければ3日はうっすら持つと思います。

洗顔後の乾いた顔に使用する。化粧水は眉毛を描いてから。

使い方は簡単。

洗顔後、肌がかわいた状態で眉毛をかきます。

その後化粧水などのスキンケア、ファンデーションで通常通りメイクをすればOK。

眉を濃くしたいときは乾いてから重ね描きします。

お泊まり会、旅行、プール、毎日の時短メイクに

ささっと描くだけで落ちにくい眉毛が作れるビーマユティントは「メイクを落としても眉毛は全消えしてほしくない」という旅行の時や、プールや海、「毎日眉毛なんて描いてらんない」というめんどくさがりさんにはおすすめです。

ビーマユ ティントペン ブラウン