逆効果?!ふくらはぎが太い原因はふくらはぎを意識しすぎているから

ふくらはぎを意識した歩き方

「ふくらはぎが太いからいつもふくらはぎの事ばかり考えちゃう…」
「歩いているときもふくらはぎを意識しちゃう」
「ずーっとふくらはぎの事を考えてノイローゼになっちゃう」

ふくらはぎが太いことに悩む女性は多いですが、ふくらはぎはウエストや太ももと違ってサイズダウンがしにくい場所です。
そのため、「いくら運動してもふくらはぎが細くならない!」「やってもやっても効果が出ない」と悩んでいる人も多いことでしょう。

でも、あまりふくらはぎの事ばかり1日中考えていると余計にふくらはぎが太くなってしまうことがあるんです。

ふくらはぎを意識すると下方向に力が働く

本来歩くときは前に移動するために前方に意識が向かっていないといけませんが、ふくらはぎを意識していると頭がうつむきがちになって下方向に力が働きます。

体の一番重い部分である頭が下がっていることでバランスは崩れ、歩くときに余計な力を入れなければいけなくなります。

下方向にギューっと押された体を前に進めるために「うんしょ、うんしょ」と力を入れて歩かなければいけません。
この「うんしょ」がふくらはぎの筋肉を発達させて脚を太くします。

ふくらはぎを意識すると脚が緊張する

「ふくらはぎを意識している」ということは脳がふくらはぎに集中しているということです。

脳がふくらはぎに集中することでふくらはぎの筋肉が緊張します。

「筋肉を緊張させる」というのは筋肉を鍛えているのと同じ。
筋肉が緊張している状態で歩くということは街中で筋トレをしているようなものです。

上半身を意識できない

歩くときにふくらはぎを意識していると頭や胴体などの上半身を意識できません。
でも、歩く姿勢で重要なのは「頭の位置」です。
脚の使い方も重要ですが、まず頭の位置を調整し、体に芯を通すことが大切。
頭の位置がおかしいままで体はバランスを崩してグラグラとします。

上半身を無視して脚の使い方をいくら変えようと思っても変わりません。

余計な筋肉が発達するとふくらはぎは太くなる

ふくらはぎの大部分を占めるのは筋肉。

歩くときに始終余計な力がかかっているということは、やらなくてもいい筋トレをズーっとやっているのと同じです。
筋肉で太くなっているふくらはぎを細くするには歩き方を治すことが一番の近道です

あえてふくらはぎを手放すことでふくらはぎが細くなる

「体重を減らしたい!」と強くこだわると、体重が減りません。
「お金が欲しい!」と強くこだわると、お金は逃げて行きます。

井上陽水の歌でも「探すのをやめた時 見つかることもよくある話で」という歌詞があります。

強く願うことをやめてあえて手放すことでスっと願いが叶うことはよくある話です。

「ふくらはぎを細くしたい!」と強くこだわるのをやめてみて、あえてふくらはぎへのこだわりを手放すことで「気づいたらふくらはぎが細くなっていた」という夢のような状態を引き寄せます。

私事ですが、「ふくらはぎ細くなったんじゃない?」と指摘されるときはだいたい「え?今なにもふくらはぎに対してがんばってないんだけど」という時です。(体幹トレーニングをやっていたり、ただ食事を変えただけだったり…)

ふくらはぎノイローゼになっている人は一度ふくらはぎの事を手放して考えるのをやめてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







フォローする



スポンサーリンク