「美脚」は相対評価ではない。

美脚は相対評価ではない

脚やせのメール相談で時々
「クラスの女子の中で一番太いんです。助けてください。」とか「みんなと比べて太いんです。友達よりは脚が細くなりたいんです」等の質問をいただきます。

これって美脚に対して「人と比べて優っているか劣っているか」で判断しているってことですよね。

でも、「美脚」って「○○と比べて細いから美しい」とか「○○と比べて脚がまっすぐだから美しい」というわけではありません。

美脚は相対的評価ではありません

美しい脚の人はその人だけで見ても「美脚だ」と判断されます。

それは「脚が○○さんよりも細いから」とか「○○さんよりО脚じゃないから」とかいう理由ではありません。

ただ、見ための印象が美しいから「美脚」だと判断されているのです。

誰かより脚が細ければ美脚なわけではない。誰かと比べて美脚だと判断しているわけでもない。

例えば美脚で有名なIKKOさんはけして脚は細くありませんし、下着メーカーのビクトリアズシークレットのモデルさんも美脚ですが太ももはがっしりとしている人が多いです。

彼女達(彼?)を見て私たちは誰かと比べて「美脚だ」と思っているわけではありません。

ただただ単独で存在する造形を見て「美脚だ」と判断しているわけです。

つまり、美脚は単独で判断されるということ。

友達より脚が太かろうが、クラスで一番脚が太かろうがそんなのは関係ありません。

あなたの脚が単独で存在する造形物として美脚であればそれでいいのです。

スポンサーリンク







フォローする



スポンサーリンク